TEL:075-465-0505

インプラント治療をお探しなら京都の堤洋之歯科医院

インプラント

images

インプラント治療の特徴

このような症状でお悩みの方




インプラントは「第二の永久歯」です。本来の自分の歯のようです。
当院の治療効果
  • 健康な歯を削る必要がありません
  • 見た目が天然歯と変わりません
  • 天然歯に近い咀嚼能力を回復できます 
  • 違和感が少なく、自分の歯と同じような感覚で食事ができます
  • 安定した噛み合わせを長期間保つことが可能です
  • 失った歯の数が多くても咀嚼能力(噛む力)の回復が可能です
  • 歯を失った箇所の顎の骨は自然に減ってきますが、インプラントを入れて咀嚼する事で刺激になり骨の衰退を防止します
  • 適切なケアにより長持ちします

料金 【料金について】
※5年間保証
診断料    7万円(税別)
     (CT解析・ボーンナビ作製料)

1本につき 30万円(税別)
(上部構造・ポーセレンセラミッククラウンを含む)

例) 2本だと診断料込みで67万円(税別)
   3本でと診断料込みで97万円(税別)

※上顎洞手術などを行わなければならない場合、別途手術料が必要です
※プラス料金が必要な場合もあります

[症例紹介]

症例こちらは若い 女性の患者様で数年前の事故で前歯をなくされ今まで入れ歯を入れておられました。 入れ歯だと止め金の金属が見えてしまうのと、食事のたびに取り外すことと、夜寝る前に外すことが面倒臭いので、他に方法はないかと 来院されました。ブリッジという方法もありましたが、健康な歯を削りたくないという事で、インプラントを選択されました。今では人前で気にせず笑えると喜んでおられます。

症例 右下の奥3本にインプラント手術を行い、ポーセレンセラミッククラウンを入れました。 入れ歯と違いよく噛めると喜んでおられました。

症例 右上の前歯が事故で失われたケースです。画像の通り健康隣在歯と全く差がなく大変満足されていました。

症例 左上の前歯が歯根破折により、やもえなく抜歯したケースです。健康隣在歯を削ることなくインプラントに よって単独の歯が入りました。今では、他の人にも勧めたいと大変満足されています。

症例 臼歯部3本欠損のケースです。3本インプラントを入れて行う場合の方が多いですが、 このケースは2本入れてブリッジで行っています。

[治療の流れ]

flow 1

カウンセリング

最初に症状を確認し、その症状によるお悩みなどを伺います。 欠損している歯をどのようにするか(義歯・ブリッジ・インプラント)詳しく説明します。インプラントを選択された場合には、インプラントの特徴についてご説明します。治療方法、治療期間や費用などのご質問がございましたら、どうぞお気軽にして下さい。

2 flow 2

精密検査

当院では提携している病院でのCT撮影を必ず行っており、その画像を専用ソフト(10DR)にて解析・分析しております。それによってインプラントが適応であるかを判断致します。インプラントの埋入方向・角度や下歯顎神経・上顎洞の距離を正確に測ることができ、より安全で確実な治療を受けて頂くことが可能となります。

3 flow 3

切開・剥離

局部麻酔をし歯肉を切開・剥離しながら慎重に骨面を出します。

4 flow 4

窩洞形成

次にインプラント埋入部位に方向・角度を確認しながら穴をあけ窩洞を形成します。

5 flow 5

インプラント埋入

窩洞を確認し、インプラント体を埋入します。

6 flow 6

骨との固定

インプラント体にカバーキャップをつけ、骨と結合して固定するまで約3ヶ月待ちます。

7 flow 7

精密印象

上部構造の歯を入れるための精密印象を採ります。

8 flow 8

アパットメント装着

インプラントにアパットメントを装着します。

9 flow 9

上部構造の装着

上部構造の歯をインプラントに装着して完成。

10 flow 10

メンテナンス・定期検診

インプラントを装着した後には常に口腔内を清潔に保って頂く必要があります。インプラントは自然 歯に比べて免疫力が高くありません。歯根膜がないため歯周ポケットからの細菌のダメージを直接受けることになるので歯周病の危険性が高くなります。そのためには、自然歯以上のメンテナンスが必要になります。当院では最初は1ヶ月後、その後は3ヶ月に1度の定期検診に来て頂いております。もちろん、日常のブラッシングも大切です。

当院のインプラントは5年保証!
インプラント治療とは、歯が欠損してしまった部分の顎(あご)の骨にインプラント(人工歯根)を埋め込み、 その上に 人工歯を被せる治療法です。顎の骨とインプラントをしっかり固定させるので、 本来の自分の歯と同じように咀嚼する ことができ、発音も自然です。 また、人工歯は色や質感が極めて天然歯に近いため、見た目も自然なのが特徴です。 こうしたことから、インプラントは「第2の永久歯」とも呼ばれています。

▲PageTOP